IPO抽選結果 IPO落選

IPO アイキューブドシステムズ(4495)抽選結果 野村主幹事で当選は厳しい

投資する男性

2020年38回目参加のIPO。アイキューブドシステムズ(4495)抽選結果。

当選すれば爆益必死のお宝IPO。しかし個人的にはこれまで当選経験が無く、期待薄の野村證券様が主幹事のIPO。

正直期待せずに参加した抽選結果のご報告です。

アイキューブドシステムズのIPO

アイキューブドシステムズは企業のモバイル管理を事業としています。

7月15日、東証マザーズに上場します。公募価格は3,120円。

公開株数も少なく、テーマ的にも人気のクラウド銘柄です。当選すれば初値売りで50万円、いやそれ以上の利益も見込める間違いなくプラチナチケット『Aランク』のIPOです。

8証券24口座から全力申込みした結果

当選株数は1,725本(172,500株)しかありません。モバイルデバイスを管理するサービスも、コロナ禍による働き方・生活様式の変化にマッチしていると言えるでしょう。人気化は間違いなさそうです。

嫁様
ただでさえ少ない当選本数に加え、主幹事が野村證券なので期待薄ですが、公募割れを懸念するような銘柄ではありません。

当選を目指して8証券24口座から全力申込みしました。

抽選結果

  • DMM.com証券 落選
  • 岡三オンライン証券 落選
  • 岩井コスモ証券 落選
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券 落選
  • 大和証券 落選
  • SBI証券 落選
  • マネックス証券 落選
  • 野村證券(主幹事)落選

野村落選

間違いなくプラチナチケットであるため、当選目指して8証券24口座より全力申込みをしましたが、全て落選という結果となりました。

野村證券が主幹事のIPOは本当に当選しません…。IPO公募割れラッシュの3月、野村主幹事でバックリ公募割れしたリバーホールディングスでさえも当選しなかった(平幹事のみずほ証券は当選したのに!)野村證券。

これで2020年IPOの抽選結果は当選4(辞退1)落選34となりました。

次のIPOはGMOファイナンシャルグループ。相性の良い大和証券です。当選を期待して全力申込みを続けます。

-IPO抽選結果, IPO落選

© 2021 サラリーマンがIPOでお小遣い稼ぎをやってみる